【新企画】<川上ゆう様、菩薩さまっ!>拝まないでよ、私、煩悩だらけよ~。20代初期なんてドレッドヘアーだったもの。でもアパレルの接客業で鍛えられたことで、エロの成長につながったのよ

2019年05月23日 22時00分

日本を代表する“ロリ熟女”こと川上ゆうサンはリアル菩薩様なのではなかろうか?そんな珍説を唱える30代女性ライター・股子がゆうサンを直撃し、ありがた~いお話を聞いてくるという新企画が本日からスタート。さあ、ゆう様が裏通りWEBに降臨です!

――女優歴15年目にして透明感が増しているゆうサンってもうエロ菩薩だと思うんです

「なぁに、それ(笑い)。ちょっと、拝むのはやめてよ~。私、煩悩だらけよ? 令和になっても、まだまだシたいことだらけ」

――それそれ!菩薩は人間の煩悩がわかって、現世利益を授けてくれる存在なんですよ

「そういえば、『イッた後の顔に後光が見える』って言われたことがある!ボ~ッと余韻に浸ってるだけなんだけど」

――半眼、てやつだ。男も女も、目指すはエロ菩薩!

「エロは長生きの秘訣だと思うの。でもねぇ、私も20代初期は、相当にヤンチャだったよ?まず頭が、ボブ・マーリーみたいなドレッドヘアだったもの。成人式も、着物姿にドレッド頭!」

――日本一、喪服セックスが似合う熟女なのに!?今のサラツヤヘアからは想像もつかない

「自分の趣味よ。『強そうな髪形にしてみたい』と思って、お金をためて。就職が決まってすぐ美容院に飛び込んだの。面接にも入社式にも遅刻して。研修期間中もずっとそれで過ごしたの」

――ダメな若者じゃないですか!

「ンフフ。だけどアパレルの接客業に就いたから、そこでみっちりしごかれてねぇ」

――社会人になるための“調教”が始まったと

「上司に、人として育ててもらったようなものね。接客する一人ひとりが、会社の看板を背負っている。自分はその一員だってことがよくわかったの」

――どんなお洋服を売っていたんですか

「キレイめのOLさんが着るようなコンサバな服。だからお客様のことを考えるようになってからドレッドもやめて、社員時代に人間修業をした感じね。そうそう、接客研修で、『出会ってすぐ、お客様のいいところを10個見つけて口に出す』っていうことをしたのね。これは今でも、淫語レズプレーのときに役立っているわ」

――なるほど!観察眼もそこで鍛えられた

「『乳首がもうコリコリじゃない』『下の毛からお汁が滴っているわよ』『耳たぶまで真っ赤で、かわいいわね』とかね。どんどん言えちゃう!」

――社会人としての基礎が、女優の基礎にもつながった

「今思えば、ね。でも当時は、若いだけあってストレスも多かったから、エロいところもどんどん花開いていったの。多少のストレスは、人をエロい方向にも成長させるのよね」

■川上ゆう(かわかみ・ゆう)1982年3月3日、東京都生まれ。血液型=B。身長150センチ、B86(Dカップ)・W60・H88。2004年に森野雫名義でAVデビューし、一時引退するも07年に「川上ゆう」に改名して再デビュー。AV女優が憧れるレジェンド女優。ツイッターは【https://twitter.com/yuu_kawakami

《東スポ 男セン》

関連記事

<三上悠亜 つれづれなるままに エロだし>ポルチオ性感帯って、膣の〝奥の奥〟にあるんです。慣れてくると、下っ腹の辺りを押すだけで気持ちいいんですよ ...

デビューして4年を経過した今も、トップ女優として人気を博す三上悠亜クン。そんな彼女でも、いまだに本格的に取り込んだことのないプレーがあった。一体、何?   今年5月に発売された「人生初!絶頂ポルチオ開発プレス 膣中イキオーガズム」 ...

07月25日 16時14分

<君たちはどうイクのか 小島みなみ編>努力しないと売れない時代…全開でイキます! ...

小島みなみクン、紗倉まなクン、川上奈々美クンという人気AV女優が各々の〝イキざま〟について語るコチラのコーナー。デビュー8周年を迎えて、なおまばゆい輝きを放っているみなみクンは、とても戦略的な思考で人生を送っているようです。 あなたにハピネ ...

07月24日 23時00分

<永瀬みなもと霧島さくら Oh! 外イッキ!>何度もイケるから、女性に生まれてきて感謝です。撮影の度に「こんな気持ちいい感覚ってあったんだ」って発見できますもん ...

人気AV女優の永瀬みなもクン(21)と霧島さくらクン(24)がHトークに精を出すコチラのコーナー。梅雨明けはまだ先ですが、みなもクンは、女性に生まれた喜びに晴れ晴れしてるようで…   こんにちは。みなもたんこと永瀬みなもです。私の ...

07月20日 15時00分