<出会ってみたらエロかった!>近所のクリーニング店で働く美咲さんは、年上好きのエロ人妻。単身赴任の男性の部屋に上がりこみ、奥さんに電話させながらするのがいいんだってさ

2019年06月04日 20時00分

これまで3000人以上の人妻を取材してきた官能作家・常盤準氏がお届けするこのコーナー。毎週、SNSでコンタクトを取った素人妻にインタビューして、淫らな本性を暴いていくぞ。

【人妻プロフィル】美咲さん(仮名)。28歳。短大を卒業後、派遣OLをしているときに友達の紹介で知り合った家電メーカー勤務の夫と2年前に結婚。子供を授かるまでのつもりでクリーニング店でパートを始めた。

近所のクリーニング店で働く愛想のいい女性とLINEを交換することができた。メールをやり取りするうちに、美咲さんという名の人妻だと知った。インタビューを申し込むとOKが出た。

「ええ、顔馴染みになった男性のお客さんには、食事や飲みに誘われることがよくありますよ」都心までさほど遠くはなく周辺にワンルームマンションも多いので、そのクリーニング店の常連には一人暮らしの単身赴任者が多いのだという。「家族と離れて寂しいから話し相手になってくれとか言いながら、性の対象に見てるのがバレバレなんですけど、私、そういうのイヤじゃないんです。ううん、逆にもの欲しそうな目で見つめられると、アソコがキュンとしちゃう…ウフフ」

相手は40~50代が多いのだが、年上好きの美咲さんにとっては絶好のストライクゾーンらしい。「誰でもってわけじゃないですけど、外で会って変な噂になるよりはいいと思って、部屋に行っちゃうことが多いですね」クリーニング店で働く姿は、健気で家庭的な若奥さんというイメージだったが、実はとんでもなくエロい人妻だった。

「ちゃんと手料理は作りますよ。栄養のあるモノを食べてもらって、お楽しみはそれからです」なんと美咲さんは、襲いかかろうとする男を制して、奥さんに電話をかけさせるというのだ。「スピーカー通話にして奥さんの声を聞きながら、顔中舐め回して乳首責めです。エッチに身悶えて息を荒くする男性に、奥さんが『どうしたの、あなた?』なんて言うのが聞こえてくると、めちゃくちゃ興奮しちゃう」美咲さんがいいと言うまで、電話を切ってはいけない約束なのだ。

「それから大好きなフェラチオです。電話する男性に見せつけるように舌を使い、カチカチのチンコを唾液まみれにして、ディープスロート、バキュームフェラ…『ねえ何の音?』って声が聞こえるまでジュルルルッ!」そして最後は!「電話する男性の目の前で指入れオナニーしながら、『切っていいわよ』って目配せすると、前から後ろから獣のように犯してもらえるので、私の心が洗われちゃうんです」(取材・文/常盤準)

■常盤準(ときわ・じゅん)昭和のテレクラから平成の出会い系を経て、現在はSNSで人妻との出会いを追求する官能作家。

《東スポ 男セン》

関連記事

<野々原いちごのそれしちゃダメ>恋愛では押してばかりではダメです。相手を怖がらせる行為など本末転倒。適度に引くことが大事ですよ ...

よく言われてるけどアレってホントなの? このコーナーでは、男が抱いている女性に対するいろいろな疑問を、女流作家・野々原いちご氏がズバリ解決します。これを読めば、複雑な女性心理も理解できますよ。   「押してもダメなら引いてみろ」と ...

07月25日 17時18分

<ビッグモーカル広報女子撮影現場リポート>本当は素人処女だった逢沢まりあサン ...

不定期でお届けしている、企画AVの老舗「ビッグモーカル」女性広報の撮影現場リポート。今回は、2人いる広報女子のうちの〝大きいほう〟のマコが現場を訪れ、AVで処女を喪失したあの人気Gカップ女優を直撃してきました。 <作品名>「中出しお義母さん ...

07月22日 21時00分

<SEX豆知識>世界各国でブランコは性具として重宝!?。かつて中国では全裸の女がブランコをこいで前に立つ全裸男のところに来たときに ...

ブランコは、かつての中国で宮女が使う遊び道具だった。遊戯中に裾から足が見え、皇帝の目に留まったら、今宵のお相手に呼ばれたりする。 中国では性具として、こんな使われ方もした。女が全裸でブランコに乗り、前に男が全裸で立つ。女がブランコをこいで男 ...

07月18日 19時00分