<川上ゆう様、菩薩さまっ!>不倫行の電車の中、手で最後までイカせちゃったわ。宿についたら、観光する間もなく求め合ったわね

2019年07月18日 20時00分

日本を代表する〝ロリ熟女〟こと川上ゆうサン(37)はリアル菩薩様なのではなかろうか? そんな珍説を唱える30代女性ライター・股子がご本人に講話を頂戴する当コーナー。前回に続いて若かりし頃の不倫を振り返ってもらうと、アソコの湿度がムンムンと上昇しています!

 

――温泉行き車内のその後は

「口では『やめろよ、人が来るよ』と制するんだけど、もうカレのトランクスの中はずいぶんと湿ってたわね。男の人も、興奮するとビショビショになるのよ」

――股間に梅雨前線が停滞中

「不快指数じゃなくて、快感指数が100%よ。頂上やカリをヌル…ヌル……っと指で往復するたび、気持ち良さそうだったもの」

――ゆうサンの股間も

「旅の片道から、もうグッショリよ。相手が気持ち良くなっていて、それをガマンしている顔って、見てるだけで興奮しちゃう」

――その後は

「ここまできたら、もう爆発に導いちゃえと!本当はお口にくわえたかったけど、隠れるような場所もないし。座席でそのままイカせちゃった」

――最後まで手で

「そう。ドクン、ドクンと大きく2回波打って…」

――センズリ観音菩薩サマ(合掌)

「いやん、拝むのはやめてよ~。でも相手は確かに昇天してたわね♥ 出した後の、気だるい顔もいとおしいのよ。その後は何くわぬ顔で目的地に向かったの」

――箱根では

「車内のソレがあったから、旅館の部屋に着くなり押し倒されて…。『今度は、俺の番だよ』なんてタップリお仕置きされちゃった。うふふ」

――平日の昼間から

「観光もせず、和室でずうっと乱れ合い。不倫だったから、東京のホテルでは人目が気になるでしょ。その分、求め合ったわネ」

――どのくらい

「着いてから夕方までタップリとして、温泉と夕飯の後にまたちょっとして、寝て起きてもう1回、朝風呂に入ってもう1回…」

――下着の数はギリギリ

「そうなの、結果的に、3セットでも少し心配だったのよね(笑い)。だからその次の旅行からは、1泊につき4セット持ち歩くようになったの」

――かさばりますね

「ううん、最高に楽しい思い出のためなら、何でもないわよ。手間を惜しんでは、不倫はできっこないのよ」(次回に続く)

■川上ゆう(かわかみ・ゆう)1982年3月3日、東京都生まれ。血液型=B。身長150センチ、B86(Dカップ)・W60・H88。2004年に森野雫名義でAVデビューし、一時引退するも07年に「川上ゆう」に改名して再デビュー。AV女優が憧れるレジェンド女優。ツイッターは【https://twitter.com/yuu_kawakami?lang=ja

《東スポ 男セン》

関連記事

<三上悠亜 つれづれなるままに エロだし>ポルチオ性感帯って、膣の〝奥の奥〟にあるんです。慣れてくると、下っ腹の辺りを押すだけで気持ちいいんですよ ...

デビューして4年を経過した今も、トップ女優として人気を博す三上悠亜クン。そんな彼女でも、いまだに本格的に取り込んだことのないプレーがあった。一体、何?   今年5月に発売された「人生初!絶頂ポルチオ開発プレス 膣中イキオーガズム」 ...

07月25日 16時14分

<君たちはどうイクのか 小島みなみ編>努力しないと売れない時代…全開でイキます! ...

小島みなみクン、紗倉まなクン、川上奈々美クンという人気AV女優が各々の〝イキざま〟について語るコチラのコーナー。デビュー8周年を迎えて、なおまばゆい輝きを放っているみなみクンは、とても戦略的な思考で人生を送っているようです。 あなたにハピネ ...

07月24日 23時00分

<永瀬みなもと霧島さくら Oh! 外イッキ!>何度もイケるから、女性に生まれてきて感謝です。撮影の度に「こんな気持ちいい感覚ってあったんだ」って発見できますもん ...

人気AV女優の永瀬みなもクン(21)と霧島さくらクン(24)がHトークに精を出すコチラのコーナー。梅雨明けはまだ先ですが、みなもクンは、女性に生まれた喜びに晴れ晴れしてるようで…   こんにちは。みなもたんこと永瀬みなもです。私の ...

07月20日 15時00分